FC2ブログ

天野将吾ブログ…天野通信〜ジラフの章

林修先生、富田林に来たる!「いつやるか、今でしょ!」

木曜から、東進でセンター対策現代文(90%突破)の受講を始めました。これは、林先生の講座です。

その二日後、林先生が地元沿線、電車で二百六十円の圏内に現れた! すばるホールは久しぶり、小学生のときのプラネタリウム以来ではあらへんか。

会場にはオバチャンが結構いたけど、同年代の人もいました。また、超幼い子供も、母と見られる方の膝の上で、講演中ずーっとわめいてたね(笑)。だから、東進の公開授業とはワケが違います。あ、6月30日に今井先生が松原にお越しになるみたいなので、要注目です。

林先生の話も基本熟年相手。ただ、僕らの年代向けの話もよくしてくださって、すごいモチベーションの上がる内容でした。予備校の先生を批判するハナシやったり、小学生時代のハナシやったり、東進主催の入場無料の公開授業ではあまり聴けなさそうな話題も沢山。具体的に触れるとヤバイですが(三月の的場さんの講演のときと態度が違いますけど)、やりたいことをやりたい、要するには、行きたい大学に通りたい! そのために「今でしょ」精神で頑張りたいと、より一層感じました。

九十分って短いものですね(「人生って~不思議なものですね~♪」みたいな言い方ですけど・・歌詞間違ってたらスイマセン)。貴重なお話をしていただき、本当にありがとうございます。


こういう講演会には、盛んに行きたいですねぇ~。学校行事や公開授業を除いたら、講演会は人生で二回目かな。一回目というのは、中一ぐらいのときに、野口健さんの講演会が御堂会館であって、こちらも良かったと覚えています。そのときに買った直筆サイン付きの著書「確かに生きる 落ちこぼれたら這い上がればいい」も、読んでハマりました。僕が生まれて初めて買った活字本でした。

…もっと書きたいとこなんだけど、明日は東進で阪大レベル模試があって、直球勝負しなあかんので、切り上げます。
スポンサーサイト

詰み⑶

新入部員が今年も来なかった囲碁将。今日が実質の引退式になった。

しかしながら、みんな化学の講習やったり、一人はかるた同好会で、今日来てくれた台湾の学生さんを「おもてなし」していた。したがって、まともに参加できたのは、私だけ。

しかも、普段使ってる社会科の教室が、なんかの個人面談をしてて、途中まで使えなかった。来ていただいてるボランティアの先生には、だいぶお待たせしたことと思う。僕は、結局30分弱しか囲碁の指導を受けれなかった。

講習を終えた皆が来てから、囲碁将の現実問題を話し合った。これからは、本来活動日である火曜と金曜に、先生が来れたら来てくれて、私たちも偶に覗くというスタンスになった。

それから、文化祭の出し物は今年もやる(可能性が高い)。それに向けてというのもあるけど、普段の平日では30分ぐらいしか揃わないので、夏休みの何日か、囲碁将の活動をしたいと考えてる。

だから、まだ完全に休部になったわけじゃない。

その先生が最後に語った言葉。それは二つ。一つは、今年の冬ごろ、ある教室がメチャクチャで(これは僕のクラスが掃除状態が悪かったことです)、それに一人の部員がキレて、皆で掃除したというのが嬉しかったこと。

もう一つは、これも今年の冬。1月の活動は、二十日から始まって、新年の挨拶なんて遅過ぎる気がしたが、いざ例年のやうに新年の挨拶をしようとすると、私たち部員が姿勢を改めてそれに応じた。これも嬉しかったことである。

そしてやはり、「くれぐれも体に気をつけて、勉学に励んで下さい」最近お決まりのお言葉で締めくくった。

先生をさよならの挨拶で送った後しばらく、僕は静止し、他のメンバーも沈黙していた。

自分が予期していたのと逆の結果になってしまった。時代は変わったんだろうか? 同じ先生に指導してもらってる北野もらしいけど、最近の囲碁将界は全体的に不振。逆に、物理部のような科学系クラブが栄え始めてる。物理が栄えるのは部長として嬉しいけど、今までの固定観念が覆されて、ちょっと悲しい。

物理部、再始動

生野生で混み合う電車の中で。東進が何故か休みだったので、帰路です。

物理部は、なんとまた一人1年生部員が誕生し、三人の1年生に恵まれました。ほんまにありがとうございます!ピンポン玉キャノン砲は失敗しまくって、ほんまにごめんなさい!今日は自分ツイてなかった。来週リベンジ。

これから、物理チャレンジのことを中心にやってきます。実験レポートは屈折率。今日はそのさわり。

まず練習として、単に水の屈折率を求めてみました。ところが、入射角と屈折角のサインから屈折率を計算したら、1.9でした。明らかにおかしい。

水も、コーンシロップも、それを薄めたものも、たいして屈折率や屈折角が変わらないと先生言う。思惑よりも細かく正確な実験を要する。来週からの活動を通して、精度を段々上げていきたいです。

春の模試天国

遠足のあと、二日連続で模試がありました。河合の全統記述と、東進の難関大本番レベル。

まず、河合で氏にました。とくに化学はえらいこっちゃ。

そして、東進もやっぱり氏にました。河合より難かった(当たり前らしい)。理科と英語は撃沈。とくに理科はセンター並かそれ以上に時間の余裕がない。ただ、数学が、大問二個が解けてたので、そこは良かった。

本格的な(本番レベル)記述模試は、初めて。このスコアから、次の模試(来月の阪大レベル?)でどれぐらい伸びるだろう。ぐんぐん伸びるよに頑張る。

僕は、赤ちゃんの頃、ぐんぐんって名前のミルクを飲んで育ったはず。

遠足は大泉! 今年も大乱闘

朝は腹を壊して、遅刻しました。新金岡駅で、天野が突然トイレに向かって逆走するのを、クラスメートに目撃されていました。本当に申し訳ありませんでした。

遠足は、バーベキューももちろんでしたけど、水風船がメチャメチャ面白かったです(僕も被弾した)。中でも、ペットボトル二本を武器にして、みんなを難なく攻撃していったアイツは、この上なし。そして、去年と同じく、みんな大好きなあの先生も(笑)、七組の戦争に巻き込まれ、ずぶ濡れになってしまいました。

結構楽しく、疲れる一日になりました。天野も「飲み物食べる?」の天然に自分でもツボっているし、様々な名言が生まれています笑。

途中、バーベキューで肉焼いてる時に、おっきなカメラもったおっちゃんと、おっきなマイク掲げてるおっちゃんが、ウチらを撮影してました。デジカメのレンズを通してみると、なんとABCの方でした来週の月曜の「キャスト」っつー夕方のニュースで、僕ら生野生が登場しますよ、しないかもしれんけど。ちなみに、その間僕たち二人は、ワールドビジネスサテライトのことを話していました(他局ですいません)。友達のほうが、父がWBSに出たことあるって話になって。あの超有名な文具会社の社員ですって。

(後日)当日、キャストを見てみると、四組の人らしいのが映ったのが数秒ありました。以上おわり。七組の人は見ていません。たぶん僕ら二人の漫談のせいだ…笑

詰み⑵

放課後、みんな講習を受けに行ってる間、ひとりで詰め碁の練習してました。今日も1年生は来なかった。同じ部屋に、山岳部に入部しようと考えてる1年生が来て、顧問の先生と面談してた。微かな望みは、儚く散った。

このまま一人(最大でも二人)で囲碁の大会いくのも、きまりが悪いような気がしてきた。来月に大商大である大会には、結局行かないことにした。

そういうわけで、囲碁将のほうは近々引退することになると思う。タイムリミットが縮まった。もう少しで、休部する。



ちなみに、今日東進の新しいメンバーでのグループ面談が始まったけど、……まあ、初回って大体気まずいもんだよな。たぶん次からは盛り上がってくる。アイツ休みやったし、グループ名も決まってないし、再来週また詳しく言います。

FC2Ad