FC2ブログ

天野将吾ブログ…天野通信〜ジラフの章

破滅から詰みへ

健康診断がありました。身長、体重、座高、視力、4つとも落ちました。嬉しいのか嬉しくないのか。

そんなことはよろしいわ。この記事のタイトルに「破滅」があります。破滅っちゅうコーナーは、昨日で終わった、はずだった。しかし、物理部の危機から解放されると、別の問題が見えてきた。

囲碁将の危機、である。

新歓で三人の1年生が見学に来たけど、それっきり彼らは来ていない。なぜ、囲碁将という高校に不可欠な部が、ピンチに瀕している? 本当に、あの日3年生が居なかったからなのだろうか?

入部届は出してないという。けれど、まだ出してなくても、囲碁将に入りたかったら、活動に来てるはず。

ただ、僕のケースを言うと、物理部の入部届を出してからも、当初は全然行ってなかった。体育祭の日に、ある物理の同級生と知り合いになり、そのあと科学連合のバーベキュー以後、ようやく物理に積極的に通うようになった。ひょっとしたら囲碁将もそのケースかもしんない。大会を期に来てくれるようになるのだろうか。

とにかく、三人の意思が分からないので、とりあえず来週の活動で様子を見よう。もしそれで来なかって、入部届も出さないでいたら、とても悔しいけど、休部せざるをえない。

てなわけで、破滅コーナーは、第二章になり、「詰み」として生まれ変わります。
スポンサーサイト

破滅⑹

先週物理部を見に来てくれた二人、なんと入部することになりました! ほんまにありがとうございます! 現在入部届を執筆中だそうです。ちなみに、二人とも剣道部と兼部だそう。たしか物理部の同級生で、剣道と掛け持ちしてる人がおって、そいつ幽霊なんですが(笑)。

その日一緒に講習を受けていた部メンバーにも驚かれました。物理の先生たちとも話してたけど、滅びずに済んでとても嬉しい

ここで、今後の活動予定。物理チャレンジに参加します。1次で上位になったら岡山(全国大会)へ、さらにそこで良い成績とったら物理オリンピックに出れるという、素晴らしいイベント。

1次は、実験課題レポートと、理論問題コンテストがあります。特にレポートは、今年のテーマが「水溶液の屈折率」で、とても楽チンだと先生が言っています。実は、去年の探究チーム(ブタメン2と同期)で、その屈折率を測る実験をしたチームがいます。実験を再現するのは多分簡単で、逆に言えばますます深められそうです。

もしその4人と、物理部の三年生3人、そして新たに入ってくれる2人……これで9人やけど、あと一人参加してくれたら、理論問題のほうは生野で受けられます。物理チャレンジ、他の生野生もぜひ参加してみてください。


今回で「破滅」シリーズは終わりです。さっきも言ったけど、この残酷なタイトルの記事を6回で終わらすことができたのは、入部を決めてくれた二人のおかげで、本当に感謝します。今後も、物理同好会をご支援よろしくお願いします。

Heaven is a place on AMANO

東進のグループ面談(以下、Gメン)が、来週から変わります。よって、天野が属する天野楽園も、今日が最終回になりました。

半年ぐらいだったか、このグループは、色んな伝説を築いてきたなぁ。松原東進の歴史に、確実に名を残します。ランキングでは、単語テストが12週連続1位という驚異的な記録です。

月間でも二ヶ月連続。賞状のコメントには、
2月「楽園のみんなが頑張ってくれたので、めっちゃやったー(^`▽^)vて思います
3月「8週連続で1位ってことは、怖すぎです((((;゚Д゚)))))))。けど、せっかくなので(どーせやったら)来月も一位狙いたいな^_−☆
と、カッコつけた内容を言いました(笑)

難攻不落の天野楽園として、他のGメングループに喝を入れ続けた。間違いなく。

名の通り天野がリーダー的存在で暴れてきたこの楽園(heaven)も、消滅。皆とも今日でバラバラに。

ここで、新しいGメンについて。僕は金曜8:30になりました。メンバーも聞いてます。一緒になる人、よろしくニャン☆ 知ってる生野生が二人しかおらんくて、どちらもクラスメートなんだな。で、楽園で一緒やった一人が新しいGメンでも一緒。男子ばっかり(「ホモの天野には相応しいやん」とか言う奴は馬鹿!ホモはデマ!)やけど、僕らをサポートしてくれる担任助手は女性になるそうです。

そーゆーことで、天野楽園は分裂し、楽園の皆は第二…僕みたいに帝国時代からおる人は第三の東進生活を送ることになるけど、お互い来週からも頑張ろー。…と言いつつ、分裂した今こそチャンス! 特に楽園ソウルを一番引き継いでいる(楽園出身が二人だから)金8グループは、またしても単語テスト1位を…!来週からの目標は、もう見えています。誠に勝手ながら。

Ooh baby, do you know what that's worth?
Ooh, heaven is a place on Amano
They say in heaven love comes first
We'll make heaven a place on Amano
Ooh, heaven is a place on Amano



今まで天野楽園を応援いただき、ありがとうございました。

新歓終わる

火曜囲碁将に見学きた三人と、昨日物理みにきてくれた二人が、このブログ見ていたらいいけど、、。

今日は囲碁将、一年生こなかったな……。でも、僕らの代みたいに、ちょっと遅れて入部する可能性もあるな。いつでも入部してください。

さて、新入生歓迎週間が終わりました。去年に比べたら、まあ成功したと言えます。僕の入ってる二つのクラブとも、「部を知ってもらう」ことが出来て良かったと思います。次の関門は「入部してもらう」こと。強引に入れさせるのは失礼な気がするけど、どうか入部してくれるようお願いしますっ!

破滅⑸

先に告知。明日は囲碁将の新歓です!来てね☆

この記事は、物理部の活動報告です。

ついに新歓の日が来た。講習やら写真部やらの影響で、僕ひとりだった。予定してた時間を過ぎ、誰も来なかった。とりあえずある部員が来てくれるまで待とうと思った。そいつは、今日中庭であった写真部の新歓で、スピーチなるものをしていた。

ところが。二人の若い男が、物理をうろついて、壁にかかってる色んな物を見て浸ってるでないか。僕は意を決して、その二人に尋ねた。ほとんどコミュ症の僕が。
「ねぇねぇ、二人…ひょっとして物理部見に来た?」
当たった。この二人を中に招待した。

驚くことに、この二人は、入学式の日に一生懸命200枚配ったビラを貰ってなく、後で配られた自治会報の部案内で、物理の存在を知ったという。つまり、ビラに書いた物理問題を知っておらず(逆に安心)、物理部唯一の取り柄、ピンポン球キャノン砲のイラスト付きの広告に目がとまった。

話が早い。ピンポン球キャノン砲をやるぞ。物理に入部する可能性がある二人だから、準備の仕方も大体話した。ただ、準備中に色々駄弁った。まず、
「なんで生野に入ろうと決めたの?」
という質問に、SSH活動を挙げていた。これは有望があるよ。初代ブタメンが全国大会に出た話も勿論した(二代目の僕たちは結局出ない)。

あと、サイエンスフェスタや、まつばら市民まつりに参加したことについて話したとき、「市民まつりなんて、滅多に行かないよねー」って話題のついでに、
「どこ(中学)出身?」
てきいたら、二人とも藤陽だった(漢字合ってるよな)。物理部の同級生に藤陽の子がいるし、文化祭のときの探究の中間発表でピンポン球キャノン砲の成果を発表したときに、藤陽の校長先生が来なさった。自分の出身じゃないけど、藤陽には非常にお世話になっています。

そうこうしてるうちに、準備が整った。ロータリーポンプで塩ビの中を真空にして、発射準備も完了。

ピンポン球キャノンは、当然のごとく快音をあげ、発射するために耳を塞げなかった僕は、耳鳴りがした。二人の反応はめちゃくちゃ良かったと思う。貫通はせんかったけど、ピンポン球が缶にめりこんどる。そして実際に「夏の思い出」サイエンスフェスタでの残骸を見せると、貫通していることにさらに良い反応。

違う話題に移ろうとした瞬間、教卓のとこに、にょきっとヒトの顔が…思わずびっくりしてしまった…さっき触れた、写真部スピーチ奴だった。

そいつのおかげで、だべりはさらに盛り上がった。物理の現状、魅力、それから天野の頭おかしさを、ある限り話した。物理チャレンジや、科学連合の話も。そいつは途中で帰っちまって、また1×2になり、後半顧問の先生が来るまで、物理の本を読ませたり…だいぶグダった。けど無礼講、このクラブは自由、放任主義が特徴なんだから。

まずは第一の関門、物理部を知ってもらうってところを突破しました。やはりピンポン球キャノンの威力は大きい。サイエンスフェスタや市民まつりでの子供たちと同んなじ。この二人、親がうるさいせいで運動部も考えてるらしいけど、そんなんよりも、自分の意思だと思う。どうか物理に入部してくれることを願います。

物理が終わってから、同じく新歓を終えて片付けをしてる化学部にお邪魔し、「二人来た!」喜びをダチに報告した。化学部は、今日はセンパイ1対コウハイ1のマンツーマンで、一昨日もコウハイが一人来ていた。このクラブも、第一関門は突破したろう。炎色反応で花火をしたという。僕は彼の後片付けを手伝った。

その後、遠足の話が上がった。今日のロングで、目的地を決めた…少なくともウチのクラスは決まった。7組は、、、大泉緑地になりました。6組も一緒。必死で京都になることを願ってたのに。大泉に決まった瞬間、某四天王と「いやいやいやいやいや」「待て待て」と共鳴していました。笑 T先生も「近いw」と若干否定気味でした。このクラスって、松原・堺民とか面倒くさがりが多いんかなwwww でも、決まってしまったからには、大泉での内容を濃くすることが大事やなって思います。水風船……。

遠足ネタを二人とT先生の三人で話してたところに、
A先生「5組(化学部の彼のクラス)は何なった?」
彼「まだ決まってないですけど、岸和田の…名前忘れたけど…〈以下どんなこと言ってたか忘れた〉」
T先生「牛滝山?」
彼「そうそう、正解です」
実は、目的地に悩んでいた5組に、担任の先生が提案なさったスポット。ここに出没する可能性が高い。HR中に向こうに問い合わせたらしくて、バスや食材を用意してくれるんだって。
A先生「へぇ~、素晴らしいサービスやん」
…A先生去る。
天野「あ……副担、やったな」
という話があり、羨みました。5組ええなぁ~。よそのクラスやけど、ついて行きたいぐらい。

囲碁将 新入生来たる!

ブログのタイトルをちょっと変えました。めちゃシンプルな英語ですが「Go straight!」とは、今年の天野のスローガンになります。これは、受験に向かって真っ直ぐ取り組んでいく意志です(勉強以外にも真っ直ぐ!)。しょうみ僕以外の人にも必要なスピリットだと思いますけど、この言葉を胸に、この1年間を乗り切ります!日本語訳はあえて「勇気リンリン直球勝負!」てことにしときましょう。

さて。僕ら殆どの囲碁将メンバーが「一発逆転」してる間、囲碁将には新入生が三人来ました!その中には、囲碁将の先輩だった方の弟さんも!この先輩は、物理の部長をしていた方で、たいへんお世話になっているんですよ。

来ていただき、ありがとうございます!入部届を出す出さない関係なく(僕は、いまだに出してません)、ぜひ入っていただきたいです。

囲碁将の新歓は、金曜もあります。この日は僕は全編来れるし、より賑やかになるやろうと思います。どしどし来てください!

そして、今日も言わせてもらいます。最後になると思うので、太字で。僕が新入生のみんなに一番来てほしいのは、何が何でも物理です!!! 部長としてこれに尽きます。物理ってすごい漠然としてるけど、やってることは面白いですよ。どんな活動をしてる/してきたかを、ぜひ知ってほしいです(そして入部へ)。毎年文化祭で展示してる、物理講義室に埋れてる面白アイテムは、今回はあまり触れないと思います。ただ、もし見てみたかったら、新歓のときじゃなくても、気軽に言ってください。僕が説明できないようなアイテムもあったりするけど…。

ところで、これだけ宣伝するのはいいんだが、部員のみんなが消極的すぎて(物理になんて来るわけないじゃん)。ある子はイジでも講習行こうとしています。僕も彼と同じ講習をとってて、それを一講サボってまで物理に尽くしてるのに。一人でやるなんて閑散でつまらんよ。部員の皆に協力してもらえるように…その意味でも頑張ります。

意外と長くなったので、もう一回いいます。物理の新歓はこの木曜です!ぜひ来てください!心からお願いします!

破滅⑷

通常の授業が始まりました。新学年になって、期待もてる先生もおれば、授業としてはちょっと不安な先生もおるし、懐かしい先生もいます。そんなことよりこの記事は、最近ほぼぼく独りでやってるるような物理同好会の活動報告です。いつになったら、この連載が終わるのやら(笑)。

モンキーハンティングはもはや二の次で、新歓のために専らピンポン球キャノン砲に取りかかっている物理部。コーナンで塩ビパイプを新しく買ってから、一週間もたたないうちに、試し撃ちを行うまでに至った。

きのうと今日の2日にかけて、試し撃ちした。きのうは友達がい、今日は独りだった。ちなみに、囲碁将も活動してない。最初の三発は、多分天野が不器用なせいで失敗した。次の四発めは、真空ポンプにかける時間を少し長くしてみた。発射すると、相変わらず快音が響いた。だけど今回は、さっきまでの快音とは違う。ピンポン球と、そのとき発射する方向に偶然置いていた空き缶が、飛んでった。

ピンポン球キャノン砲、改良版で初めての成功だ。アメリ缶は貫通し、ボールも破れた。独りだったけど、発射されてボールが飛んでくのを見た瞬間、喜びの声をあげちゃった。

そういうわけで、準備はほとんど万全です。部員が何としても欲しい…!その思いで一生懸命やっています。何度も宣伝するけど、来週の木曜の放課後、物理実験室でです。4:10って書いてますが、早く来てくれて構いません。ビラに書いてある問題の解説もします。これは、本来物理の活動とは関係ありません。もっと楽しいことをしてますよ。

さらに、二年生部員がいないということで。入部してくれた人の中から1人に、物理部を支配する権利を差し上げます!つまり部長になれるってことです。部長が大変だなんて、確かにそうかもしれないし、僕も思う時あるけど(ほかの部員がやる気なさすぎってこともあるんですが)部長ほどやりがいのある立場はないし、部代表者会議に行く以外は、たぶん他の部員と同じです。

1年にして部長になるのは、素晴らしいことだと思います。僕が1年だった頃、天文部が休部状態……新歓のときまでに三年生が引退し、二年生もいませんでした。そこに目をつけて開拓しようと思ったんか知らんけど、天文部には67期が結構入ってきて、一年生部長や一年生会計が誕生しました。立派なことじゃない? ぜひ物理に入部してくれた暁には、部長になって物理を支配し、良いクラブにしていきましょう! 4月中には幹部交代したいです。あと会計も、同好会やからそんな仕事ないけど、決めときたいと思います。

そのついでに、囲碁将。これは来週の火曜と金曜に、新歓の見学会があります。基本は、ボランティアの先生(ここからは、ボラさんって呼びます)のご指導が活動のメインです。本を参考にして自主的に詰め碁とか詰め将棋に取り組んでる人もいます。

囲碁将のメンバーはだいたい初心者です。僕も高2から始めたよなもんです。しかも、クラブの雰囲気はそれなりに自由です。今日みたいに、ボラさんが来られなかったら活動しないぐらいやから(笑)。そんな僕たちに、ボラさんは基礎から囲碁将棋を教えてくださいます。入部届を出してなく非正規の僕が強く宣伝すんのはアレですが、オススメのクラブです。なお、囲碁将も二年生部員がいないので、入部された暁、支配する権利と、会計する権利が与えられます。

ちなみに火曜のほうは、僕は「一発逆転」のために、5時半まで囲碁将に行けません。多分いないやろけど、天野を一目見たいという方は、金曜日にお越しください。場所は社会科です。

[P.S.]書きながら思った。「ボラさん」ていう言葉は久しぶり。今は無くなっちゃったけど、「ちゅうりっぷ」ていういわゆる‘障害者版の子ども会’みたいなんが柏原市でやってて、福科大の「リンク」っていうボランティアサークルの学生さんたちが「ボラさん」として参加してた。

実を言うと、天野は小学三年生まで、学校の擁護学級に入ってて、障害児モドキやったの。記憶が曖昧やけど、ちゅうりっぷは低学年から始めて、擁護学級やめてからも、中学三年まで続けてました。

69期生入学式!3年7組、はじまる。

学校がまた始まり、新しいクラスが始動する。

その前に、旧のクラスで、ほんとに最後のホームルーム。先生がお菓子を買って来てくれたりして、もう二度と揃うことない(だろう)2年9組は、いつもでさえ騒がしいのに、それ以上に盛り上がった。

2ー9を離れ、3-7に移籍する。僕が入るクラスは、文理科の中でも、文系人と理系人が融合して結成されている。今まで二年間「9組」として過ごしてきた僕にとって、今回のクラス替えは、想像しえないことだった。

そういう変な事情があってだろうか、人生で初めて出席番号10番台になる。イニシャルAやのに。笑

いざ、席に座ってみたら、何かといい予感がしてくる。

まず僕の席から見て、右側。文系の人たち。13人みんな凄い盛り上がっている。へたしたら、去年の9組の女子たち以上に。男子(そもそも2人しかおらんけど)も女子も明るくて(笑)、新鮮さを感じる。1年9組時代のクラスメートも多くて、懐かしさも憶える。

対して左側。理系陣。(知識として)全員のことは知ってるから、右側のような新鮮さはないけど、期待感、ていうか信頼感。それから、この27人は全員物理選択であって、しかもその中に女子が四人しか居なく、そんな彼女ら4人とも元9組なの!笑

そういうわけで(理由になってないけど)この40人で、受験の年を乗り切ってくってのが、面白く感じそうな気がしています。

始業式の次に入学式。まずは、69期のみなさん、ご入学本当におめでとうございます。

僕らパイセンにとっては、クラブのビラを配るのが最大の使命です。ウチの物理部は、入学式の前に通用門で、そして入学式の後HRが終わってから下足前の渡り廊下で。ほぼ男手ひとつで、刷っていただいた二百枚(4種類を50枚ずつ)ちゃんと渡し切りました。ビラ配りに協力してくれた他部の2人には、感謝します。

改めて、宣伝させていただきます。物理同好会の新入生歓迎は、17日(木)の放課後、三階の物理実験室でやります。ピンポン球キャノン砲の新版も、その時までに完成させるので、期待していてください。

あと、HR後に一緒にビラを配っていた、囲碁将棋部と化学同好会も、よろしくお願いします。囲碁将は毎週火・金、化学も毎週水曜に活動しているということです。

この二つの部と物理は、2年生部員がなく、部員不足に悩んでて、1年生部員が来てくれないと、今年で休部になっちゃいます。ぜひ、見学に来ていただいて(新歓の期間じゃなくても受け付けます)部員になって下さい! 心から待っています。

破滅⑶

ピンポン球キャノン砲が撃てなかった件。先生に相談したところ、天野の考えと打って変わり、塩ビ管を替えることになりました。

けさホームセンターに出没しました。ちゃんとピン球を持って行って、きれいにスベるか確かめました。コーナンPRO、羽曳野伊賀にあります。

いつも通りのエスロンパイプ、VP40。内径40mm×長さ2mの単品を見つけましたが、ピン球を入れても全然滑りません。店にあった5本とも、アウトでした。ところがどっこい、4mの長さの同じ材質・内径やと、2本ぐらいチェックしたところ、そこそこ滑りました。この違いって何なんやろ?

そこで、その4mのパイプを、2メートルに切ってもらいました。店員さんには若干疑問を抱かれたけど、使用目的…ピンポン球キャノン砲の存在…は伝えていません(笑、本来は水道管なんかに使うもんです)。それを、父の運転する車に載せ、生野に直行。(下足室を通らないで)物理に搬入しました。先生に金を立て替えてもらうのですが、このとき不在だったので、領収証を先生の机に置き去り、立て替えは明後日にお願いします。

ちなみに今回の塩ビパイプは、ピン球を転がしてみると、途中で流れなくなることもあるんですが、前とは違って、息を吹き込めば再び滑るようになります。

あと、エスロンパイプは、VPのほかにVUもあるんやけど、そっちは内径が44mmでガバガバ過ぎます。VPの方が高いけど、それに固執するしかないの。

破滅⑵

この記事は、部員が5人(実質二人)で破滅的な状況にある物理部の、活動報告そのものです。

完成した新生ピンポン球キャノン砲の試し撃ち。しかし、上手くいかないどころか、入れたピン球が出てこないのです。たしかに入れるときも、なかなか滑らず、一回り細い塩ビ管や、ロータリーポンプ用のホースで力ずくぶち込んでました。ピン球と管の内径が、ギリギリギリギリなのです。

❶塩ビ管要因

前や前々のピンポン球キャノン砲の管なら、ピン球はスルスル滑ります。三つの管を比べてみると、側面に書いてある、品番みたいな数字が、微妙に違います。これが、管の内径(もしくは塩ビの厚さ)の違いだと思いました。

なんとか塩ビ管を変えられないかと、側面に書かれてる商品名「エスロンパイプ」でググり、実際にある塩ビ管と照らし合わせてみました。求めている種類のパイプは見つかりました。そのカタログpdfには、外径の許容差、厚さの許容差が書かれてて、これが、同じようなパイプでもピン球の入り具合が違う、クルーシャルな理由だったのです。

「このぐらいの誤差は許してニャン♪」ということなんです。これは先生に言ってもどうにも止まりませんし、業者に直に物言いするのも失礼ですよ。

❷ピン球要因

もう一つ変えてみるとしたら、ボールです。ピン球と同じような質量で、内径がほんの数ミリ小さいやつ。

さっそくピンポン球でググる。ウィキによると、昔は硬式卓球で38mmのボールが規格であったらしいんですが、今は亡し。

その後、Amazonを見てみると、内径が38mm(?)で、発送質量が59gの、カラーボール30個パックがありました。一個の質量は2グラムかそれ以下で、ほとんど僕の理想に一致してて、値段も酷くないんやけど、どっかの店…増税しちゃったけど百均とか、トイザらスとかで売ってそうな気がしてきました。部活後、ゆめ二ティのセリアにはありませんでした。他の百均やおもちゃ売場も見てみます。

最後に宣伝。このたび生野に入学する皆さんへ。物理同好会を見に来ませんか?(僕のこれまでの…とくに夏ぐらいのブログを見ていただいて、その気になってくれれば嬉しいです)4月17日(木)の放課後4時10分から、三階の物理実験室で活動します。願わくは部員になって下さい>_<よろしくお願いします!

FC2Ad